ホーム 計算ツール
代理店ログイン

Reverse transcriptase-IN-1

カタログ番号 T12715   CAS 2380001-43-2

Reverse Transcriptase-IN-1 is a diarylbenzopyrimidine (DABP) analogue and a potent inhibitor of HIV-1 nonnucleoside Reverse Transcriptase with an IC50of 13.7 nM.

TargetMolの製品は全て研究用試薬です。人体にはご使用できません。 また、個人の方への販売は行っておりません。
Reverse transcriptase-IN-1, CAS 2380001-43-2
ご興味のある製品の価格と在庫は、こちらまでお問合せ下さい。
商品の問い合わせ
Get quote
純度: 98%
バッチの詳細情報はお問い合わせください
生物学的特性に関する説明
化学的特性
保存条件 & 溶解度情報
説明 Reverse transcriptase-IN-1 is a diarylbenzopyrimidine (DABP) analogue and a potent inhibitor of HIV-1 nonnucleoside reverse transcriptase with an IC50of 13.7 nM.
ターゲット&IC50 HIV-1 reverse transcriptase:13.7 nM
In vitro Reverse transcriptase-IN-1 has antiviral activity with EC50 values of 3.4 nM, 4.3 nM and 3.6 nM for HIV-1 IIIB, E138K and K103N mutants, respectively[1].
In vivo The PK study and safety assessment of Reverse transcriptase-IN-1 shows that it is absorbed with mean residence times (MRTs) of 11.8 hours (5 mg/kg, p.o.) and 11.4 hours (1 mg/kg, i.v.) at these two doses. The Cmax of Reverse transcriptase-IN-1 is 39.9 ng/mL at a dose of 5 mg/kg. The oral bioavailability of Reverse transcriptase-IN-1 is significantly improved to 16.5% at a dose of 5 mg/kg in rats. The intrinsic rat microsome clearance of Reverse transcriptase-IN-1 is 33.2 μL/min/mg proteins[1].
分子量 447.45
分子式 C25H17N7O2
CAS No. 2380001-43-2

保存条件

Powder: -20°C for 3 years

In solvent: -80°C for 2 years

溶解度情報

DMSO: 12 mg/mL (26.82 mM), ultrasonic and warming and heat to 60°C

( < 1 mg/ml refers to the product slightly soluble or insoluble )

参考文献

1. Han S, et al. Molecular Hybridization-Inspired Optimization of Diarylbenzopyrimidines as HIV-1 Nonnucleoside Reverse Transcriptase Inhibitors with Improved Activity against K103N and E138K Mutants and Pharmacokinetic Profiles. ACS Infect Dis. 2019 Oct 24.

関連化合物ライブラリー

この製品は下記化合物ライブラリに含まれています:
Anti-Viral Compound Library Bioactive Compound Library Bioactive Compounds Library Max Inhibitor Library

投与量変換

You can also refer to dose conversion for different animals. 詳細

In vivo投与量計算 (透明溶液)

ステップ1: 以下の情報を入力してください
投与量
mg/kg
動物の平均体重
g
動物あたりの投与量
ul
動物数
溶媒の組成を入力してください
% DMSO
%
% Tween 80
% ddH2O
計算する リセット

計算器

モル濃度計算機
希釈計算機
再構成計算
分子量計算機
=
X
X

モル度計算機では以下の計算が可能です

  • 既知の体積と濃度の溶液を調製するために必要な化合物の質量
  • 質量が既知の化合物を目的の濃度まで溶解させるのに必要な溶液の量
  • 特定の体積の中に既知の質量の化合物を入れて得られる溶液の濃度
参考例

モル濃度計算機を使用したモル濃度計算の例
化合物の分子量が197.13g/molである場合、10mlの水に10mMのストック溶液を作るのに必要な化合物の質量はどれくらいですか?
[分子量(MW)]の欄に[197.13]と入力してください
[濃度]ボックスに10と入力し、正しい単位(millimolar)を選択します
[容量]ボックスに10と入力し、正しい単位(milliliter)を選択します
計算を押します
答えの19.713mgが質量欄に表示されます

X
=
X

溶液を作るのに必要な希釈率の計算

溶液の調製に必要な希釈率の算出
希釈計算機は、既知の濃度の原液をどのように希釈するかを計算することができる便利なツールです。V1を計算するためにC1、C2&V2を入力します。

参考例

Tocrisの希釈計算器を用いた希釈計算の一例
50μMの溶液を20ml作るためには、10mMの原液を何ml必要ですか?
C1V1=C2V2という式を用いて、C1=10mM、C2=50μM、V2=20ml、V1を未知数とします。
濃度(開始)ボックスに10を入力し正しい単位(millimolar)を選択してください
濃度(終了)ボックスに50を入力し正しい単位(millimolar)を選択してください
体積(終了)ボックスに20を入力し正しい単位(millimolar)を選択してください
計算を押します
100 microliter (0.1 ml) という答えが体積(開始)ボックスに表示されます。

=
/

バイアルを再構成するのに必要な溶媒の量を計算する.

再構成計算機を使えば、バイアルを再構成するための試薬の量をすぐに計算することができます.
試薬の質量と目標濃度を入力するだけで計算します。

g/mol

化合物の化学式を入力して、そのモル質量や元素組成を計算します

Tヒント:化学式は大文字と小文字を区別します。: C10H16N2O2 c10h16n2o2

化合物のモル質量(分子量)を計算する手順:
化学物質のモル質量を計算するには、その化学式を入力し、「計算」をクリックしてください。.
分子質量、分子量、モル質量、モル重量の定義:
分子質量(分子量)とは、物質の1分子の質量であり、統一された原子質量単位(u)で表されます。(1uは炭素12の1原子の質量の1/12に等しい)
モル質量(molar weight)とは、ある物質の1モルの質量のことで、単位はg/molです。

bottom

技術サポート

Please see Inhibitor Handling Instructions for more frequently ask questions. Topics include: how to prepare stock solutions, how to store products, and cautions on cell-based assays & animal experiments, etc.

Keywords

Reverse transcriptase-IN-1 2380001-43-2 Microbiology/Virology Proteases/Proteasome HIV Protease Human immunodeficiency virus Reverse transcriptaseIN1 Inhibitor Reverse transcriptase IN 1 inhibit HIV inhibitor